富士山初登山~その1

登山

ブログ久しぶりの投稿です。

何分書くのに時間がかかってしまい💦💦。

そうこうしているうちに季節は秋に向かって進んでいるようです。

今年も夏祭りや夏のイベントなしで寂しかったなぁ・・・・。

夏と言えば湘南オープンウォーター大会や、高円寺の阿波踊り。近所の盆踊り大会も2年連続で中止ですわ。

個人的には今年の夏は遊びすぎてお金を使いすぎました💦

んな夏の一大イベント富士山登山!!!

日本人として一度は登ってみたかった山です。

富士山に登るために近郊の山を登って基礎体力&登山術?を身につけてきまして、ついに8月21日(土)~22日にかけて1泊2日で出かけてきました。

目的を達成し満足感でいっぱいです。

初心者のための富士山登山に関して備忘録を兼ねてブログにまとめてみたいと思います。

この富士登山はHanwag という登山靴メーカーが主催する登山教室でしたが、緊急事態宣言のせいで計画していた登山がほとんど中止になってしまいました。

ガイドの河野格さん(以下格さん)がそれではと個人ガイドとして企画を何とか進めてくれました。

登頂ルート~登山開始

富士山頂を目指すルートは全部で4ルートあります。

吉田ルート・富士宮ルート・須走ルート・御殿場ルート

今回私達は山梨県側からのアプローチです。

集合は富士山スバルライン五合目の雲上閣(レストラン兼お土産屋)に11時45分に集合です。

9:05にバスタ新宿発の「京王バス」に乗って向かいました。

土曜の午前中の高速渋滞にはまって到着は15分遅刻💦

スバルライン五合目には各種施設があり、観光案内総合窓口・山梨県警察窓口(落とし物・迷子・道迷い)の相談ができます。

バスを降りるとガイドの格さんと今回ご一緒するアンちゃんカイちゃんに御挨拶。

お二人とも横浜からの参加で20代の女の子。(私の娘より若いのです💦)

若い二人のペースで登山となると60歳を目前に控えた私がついて行けるか若干不安になりましたが、カイちゃんは登山初心者で、富士山初挑戦とのこと。

彼女のペースに合わせてゆったり登って行ってくれるでしょう。

彼女は富士山登山レンタルサービスを利用して道具一式完璧にそろえておりました。

まったく便利な世の中になったものです。

そこ五合目で高度順応の為1時間半ほどお昼休憩となります。

私は持ってきたおにぎりで軽めの食事をとりましたが、格さんとカイちゃんたちは山梨名物「ほうとう」を食していました。

食後は荷物を整理して、登山の準備です。

靴紐を締めて準備運動の後は登山協力金1000円を払って記念の札を受け取りました。

それでは出発しまーす!

本日の行動予定時間は3時間30分で7合目の小屋に宿泊します。

このお馬ちゃんたちは途中負傷した人たちを運ぶためだそうです。

富士山は乱気流があるため救護のヘリが飛びません。

7合目、6合目まで迎えに来てくれて下山するようですが結構なお値段がかかりそうですね。

最初は下り道を進みます

しばらく行くと分かれ道。

富士山では道に迷うことはなさそうですね、ルートが決まっていれば登山道が整備されているのでそれに沿って歩くだけです。

はじめの分岐は泉ヶ滝。

滝は枯れていた~。(写真撮り忘れました)

ここは江戸時代富士山登山者が滝行をして身を清めたところだそうです。

ここから急に傾斜がついて少し息が上がる。

富士山はゆっくり登っていくのが大事だそうです。

口をすぼませてヒューと息を吐く。(この繰り返しが大切)

まだ緑が生い茂っていました。

そして到着した6合目。五合目から約1時間くらいかかったでしょうか?

6合目付近

トイレ休憩と水分補給をしまして、七合目を目指してジグザグに進みます。

ちなみにジグザグは英語。zigzagという英単語が語源だそうです。

日本語は「つづら折り」。

落石しないようによく手入れされた登山道。

疲れないためには大きな段差を避けて「小股」で歩きます。

そろそろ森林限界を超えてきました。

生えているのは「蓼(たで)」根が深く、強い風や雪に負けず生息しています。

そして急に現れた岩場!

ストックが邪魔になったのでリュックにしまい、手袋をはめて腕を使ってよじ登っていくイメージで

足元が不安定ですが、ゆっくりとしたペースで着実に距離を詰めていきます。

写真で伝わりますか?かなり急な岩場なのですよ。

ピスターレ。ピスターレ(ネパール語でゆっくりゆっくり)」

焦らず進みます。

だんだん雲行くが怪しくなってきました。

天気予報では時々雨って言っていたので、想定内ではありますが 出来れば降られたくない。

山小屋のある所は鳥居が目印。

直線だと短い距離なのに傾斜がきついので遠くに感じる。

呼吸を整え小休止をとりながら上を目指します。

天気よ、どうかもってくれ!

もう少しで本日宿泊予定の「鳥居荘」

パラパラと落ちてきた!

濡れたくない!

あと20メートルほど先が目的地。

最後はちょっと急いでギリギリのところで到着した。

濡れたリュックを拭いてもらい、アルコール消毒と検温。

「お世話になりまーす。よろしくお願いしまーす!」

到着と同時に激しい雨が降ってきました。

我らはギリギリセーフ。

時間は4時半。

少しは空気が薄くなってきているのかな?

一緒に歩いたカイちゃんが苦しそう。

ボンベに入った酸素を吸ったら顔色が良くなりました。

夕食は5時。

今日は特別に個室に泊まらせてくれるそうです。

「え?個室???」

コロナ対策バッチリだそうで、宿泊者は例年の1/4に減らしたそうです。

ジャジャーン!

インナーシーツに寝袋。枕にはビニールがかかっていて、胸元も白い不織布がかけられています。

電源とライトが枕元にありました。

これってめちゃくちゃ贅沢じゃないですか?

過去の富士山の山小屋はキツキツで、夜中にトイレに行くと自分の寝る場所がなくなっていたって話を聞いたことがあります。

みんなと同じ空間で小さい声で雑談しながら寝るのも楽しそうだったけどね。

雨が小降りになってきたのを見計らって窓から外の景色を見てみる。

雲の切れ目から下界(富士吉田の町)がちらりと見えました。

そしてとても寒いっす

長袖シャツとダウンを着込んで夕食をいただきました。

カレーライスはお変わり自由で~す。

高山病にかからないように水分はたっぷり摂るように言われました。

トイレが近くなるのを嫌って水分をとらないのはNGだそうです。

外は相変わらず降ったりやんだりの天気。

明日の出発時に雨が降っていたら出発時間を遅らせる予定です。

ご来光は見られるのでしょうか?

夕食後は囲炉裏を囲んで同じ宿に泊まっているフィリピン人のグループとおしゃべり。(もちろんマスクをして)

そして、6時には個室?に戻りました。

そして荷物をチェックすると・・・・・

「ない?ない?!!!」

入れたと思ったヘッドライトが入っていなーい!!」

予備の電池だけが転がっていた・・・・💦

終わったw~。

両手を使って登っていかなければならない岩場でヘッドライトなしで登山?

携帯のライトを使えば足元は照らせるけれど、両手が使えないYO!!!

・・・・・・・・

ない物はないか・・・_| ̄|○

とりあえず仮眠とろ。

予定では11時半に起きて雨が降ってなければ準備して出発します。

5時間半寝られる予定~~~。

・・・・でもね、これが寝られんのですよ。

夕方6時半から寝るなんて無理じゃね~????

しかも寝不足にならないように前日は10時間近く寝てたんだから私

ヘッドライトがないことの不安もあり・・・・。

30分ぐらいウトウトしたくらい。

枕元に置いた携帯がしょっちゅうメッセージが入ってライトが付く。

その都度時間を確認するも、夜の8時。

夜の9時過ぎ。

10時半・・・・・チクタク・・・・。

体を横たえているだけで良いと考え目をつむる。

外国人のグループが話しているのが聞こえる。ウルサイよぉ~!

11時頃一度トイレに起きると外は暖かく、雨はやんでいました。

ってことは出発ですな。

~~~~

長くなってきたので「その2」に続くきます。

お楽しみに!

See You!

※ブログランキング、世界一周から外れて世界一周準備に移りました。

(全然世界一周準備のブログじゃないですけれど・・・)

ぼちぼちアップしていこうと思います。

よろしかったら、応援クリックお願いします! 下の画面を↓クリックして、画面が変わったら私に1票入ります。 (1日に1回だけ有効です)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました